■ぜひクリック応援の後、読んでくださいね!
人気ブログランキング参加中
にほんブログ村 健康ブログへ

2009年01月23日

ヨード過敏症でパニック

皆さん!お久しぶりです。

アレルギーは珍しくない体質ですが、自分自身が何にアレルギーを起こすかご存知でしょうか?

アレルギーではないと思っている方も注意しましょう。

シップ、テープかぶれをはじめ、花粉症の経験ある方もアレルギー体質かもしれませんよ。


半年前から確認されている胆石症の精査のため、市内の病院で造影剤を使用したCT撮影を昼前に受けました。

この検査は過敏症状が出ることあるために、同意書が必要になるそうで書類を1週間前に提出し、その時にも同様の検査を受けたんですが(点滴30分)、今日はCTの撮影時に急速な静脈注射でした。

なんと、体中が暑くなりちっ(怒った顔)アルコールの比ではありません。

撮影中にクシャミ1発ふらふら

撮影が終わって感想を聞かれても声がでないくらい喉や鼻が詰まった感じ・・・

ちょっとパニクリました。

『ヨードアレルギーか・・・』

頭をかすめたときには顔が真っ赤になって、ステロイドの静注処置をしてもらいました。

担当の医者が診察に駆けつけてくれ、聴診器を当ててもらうとかすかにゼイ鳴あり・・・。ただし喘息はあまりひどくなる前に薬効が出たようです。

呼吸は浅いだけでなんとか出来たのでやれやれでしたが、すぐに上半身に蕁麻疹が広がりました。

ふらついたので、処置室までは車椅子で移動。

生まれて初めて、乗った乗り物?でした。

それから1時間の点滴処置によってみるみる改善し、自宅まで車で帰り午後の仕事をしました。

造影剤は過敏症さえ起こさなければ、安全な検査法だそうですが、その過敏症を経験してしまいました。

貴重な経験に感謝わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

ですが、喉のガラガラはまだ残り、風邪を引いたときのような症状がまだ残ります。




posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 19:13| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それだけですんでよかったですね。
あたしの場合は熱感→掻痒感→呼吸困難→意識低下→心肺停止でした。
事前に喘息があることを伝えていたのに。
蘇生処置でPTSD発症。
人生変わってしまいました。
あなたのブログにケチつける意図はないですが、「貴重な体験に感謝」なんて書いて欲しくないです。
Posted by 死にそこない at 2010年01月06日 15:47
「死にそこない」さんコメントありがとうございます。人生変わるほどの副作用を経験されたとの事・・・お気の毒だと思います。
ただ、たとえよくなると思い受けた手術でも100%成功するわけではないし、成功したとしても納得いかない不具合が残る場合もあるはずです。人はこのような不幸体験をどう受け止めるかによって、未来がある程度変わるはずです。造影剤でアレルギーを起こし、今後は控えなければいけない検査だと体験を持って解かった自分自身にとっては、やはり貴重であり感謝しています。
Posted by 健康奉仕 at 2010年01月07日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブックマーク
この記事は参考になりましたか? よろしければブックマークくださいね!
ブログ ランキング

ランキング参加しています!クリックご協力お願いします揺れるハート 人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
おこづかいがドンドンたまる”おトク貯金箱”ポイントボックス
■1日1回クリック募金 あなたがクリックするだけで、企業からNPOなどの慈善団体に1円が寄付されます。 (1日最大11円の募金が可能) お金なんかなくても、右手人差し指が動きさえすればワン・ツー・スリークリックで、誰かを助けることができるexclamation&question インターネットって素敵ですね。  
※注※ このバナーをクリックすることで募金が完了するわけではないのです。 もともと分かりやすいですが、念のために手順を記載しておきます。 【手順】 上記バナーのクリック ⇒左上の企業サイト一覧からどれか選んでクリック ⇒表示される募金ボタンのいずれかをクリック ⇒ 募金完了!
Micro Ad
マイクロアドでおこづかいゲット!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。