■ぜひクリック応援の後、読んでくださいね!
人気ブログランキング参加中
にほんブログ村 健康ブログへ

2008年01月25日

夫婦げんか、長寿のもととなる可能性

夫婦げんか、長寿のもととなる可能性=米研究〜1月24日15時29分配信 ロイター〜


 [ニューヨーク 23日 ロイター] 米国の研究者が、夫婦間で感情を押し殺す人々は早死にする傾向があり、夫婦げんかが健康に役立つ可能性があるとする研究結果を発表した。
 ミシガン大の公衆衛生学部と心理学部の研究者が、192組の夫婦を対象に17年間にわたって実施した追跡調査の予備的結果として明かした。
 研究チームでは、調査対象の夫婦を、不当に攻撃されたと感じた際に双方が怒りをあらわにするグループ、双方が怒りを我慢するグループ、妻だけが我慢するグループ、夫だけが我慢するグループの4つのカテゴリーに分類。
 その結果、怒りを我慢した人たちは怒りをあらわにした人たちよりも早く死亡する確率が2倍だったという。
 研究チームを率いたアーネスト・ハーバーグ氏は「長生きがしたければ、自分が不当な攻撃を受けていると認識するのは健康的であり、それについて話し合い、解決を図ろうとするのはより健康的なことだ」と語った。




結婚後、15年も過ぎると子供のことや日ごろの不満がきっかけに喧嘩をすることも多くなりました。

と言うより、価値観の違いはお互い尊重しあわないと、すぐに口論となってしまいますね!

イライラは我慢して出さなくても、健康に悪いのはウスウス感じていましたが、その証拠となるようなトピックスですねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)



ラベル:夫婦喧嘩 長寿
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 17:56| 兵庫 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

米ぬか!抗酸化作用で糖尿病腎症の発症抑制に効果

<米ぬか>抗酸化作用で糖尿病腎症の発症抑制に効果

【1月20日23時23分配信 毎日新聞 から】


 和歌山県立医大、同県工業技術センターなどの共同研究グループは、米ぬかに含まれるフェルラ酸が、糖尿病腎症の発症を抑える効果があることが分かったと発表した。ラットを使った実験で、腎症発症を示す尿たんぱく排出量が少なくなり病気の進行が遅いことが確認された。オランダの糖尿病専門誌に発表した。

 フェルラ酸はポリフェノールの一種。強力な抗酸化作用がありサプリメントなどの原料に使われている。糖尿病腎症は糖尿病の3大合併症の一つで、高血糖が長く続くことで発症する。代謝異常のために活性酸素が過剰となることが原因として注目されており、研究グループは酸化防止機能を持つフェルラ酸の効果を調べた。

 実験では、糖尿病だが腎症発症前のラットにフェルラ酸を含む飼料を与え、12週間後に観察。通常の飼料を食べたラットと比べ、尿たんぱく排出量が半分以下となった。谷口久次・同センター化学技術部長は「医薬品や特定保健食用品としての実用化を目指し、将来的には腎症患者を減らしたい」と語った。

 糖尿病腎症に詳しい槙野博史・岡山大大学院教授は「効果のメカニズムを詳しく調べれば、人間への効果も期待できるのではないか」と話している。【辻加奈子】



日々進歩する医学によって、明るい希望が持てるニュースですが・・・

米ぬかは実はミネラルの宝庫です。

と言うより米から胚芽の部分を取り除いたものを、

「白 米」

「粕(かす)」というものを

銀シャリ?といって喜んで食べているわけですね!

だから玄米を食べようと勧めることもしません。

しかし、少しは胚芽を残したご飯が栄養上好ましいと思います。

我が家では、発芽玄米とかやずやさんの発芽十六雑穀入り主食を続けています。




『どんな病気?』

糖尿病(性)腎症

とは

糖尿病の3大合併症のひとつです。

糖尿病は知り合いでも何人か罹患しています。

いつも、1時間半位はウオーキングを続け、食養生も気をつけてうまくコントロールできているようですが、一生付き合っていく必要のある疾病のようです。

しかし、糖尿病にかかって10年以上経過していてもコントロールが悪く、高血糖状態が長い間続いていると、腎臓糸球体の毛細血管に障害が起きてきます。

そのため腎機能が急速に低下して、尿の中にたんぱくが出てきたり、高血圧やむくみなど腎炎と似た症状が起こります。

進行すると、腎不全から尿毒症となり透析が必要になります。




『どうしてなる?』

腎臓の中にある糸球体は、血液中の老廃物を尿中に排泄する、ろ過器の働きをしています。

糖尿病で高血糖状態が続くと、糸球体を構成している細かい血管が動脈硬化を起こして固くなり、糸球体の組織の目が粗くなって、ろ過機能が低下します。

その結果、たんぱく質が糸球体の網の目を通り抜けて、たんぱく尿が出てしまいます。

こうして尿をつくる働きが低下して老廃物が(排泄されなくなり)体内にたまる糖尿病性腎症になります。




『生活アドバイス』

1) たんぱく質の摂取を医師の指示に従って制限する

2) 減塩する

3) 一度にたくさん食べない

4) 夕食は脂肪分の多い料理を控える

5) 夜食は摂らない(就寝まで3時間摂食しない)

6) 原則禁酒とする

7) 外食は素材のわかる料理を注文し、たんぱく摂取を制御する

8) 肥満にならないよう注意する

9) 精神的なストレスをためない

10) 適度な運動を継続する

11) 禁煙する


うん〜なかなか・・・厳しいですねふらふら



続きを読む【こんな人は要注意!】
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 22:38| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

インプラント初体験

進歩した時代に生まれてよかった!

正直な感想です。

健康を売物?にして奉仕している自分にとって昨年はかなり失速するようなことがありました。

左下5番の金属を昨年夏に取り除くと、根っこまで虫歯にやられていました。

やむを得ず、抜歯して前歯に続く2本目の欠損歯。

すっかり爺さんらしくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)

ま、婆さんになることはないか・・・わーい(嬉しい顔)


前歯を失った一昨年に部分入歯の経験をして、その不具合にすっかり困り、歯科医を替わりました。

そこで、前歯のインプラントを希望したものの、諸般の理由からブリッジにしてもらって様子を見ることにしました。

歯は身体を支えるのが主な働きであることを痛感しているので、今回の下5番にはインプラントの手術をしてもらうこととしました。

ベースの部分が安定(3から4ヶ月)してから植立させる二回法ですが実に手際よく、剥離と縫合がなされたようで歯茎の腫れや、出血も少なかったです。

初体験にドキドキしましたが、部分麻酔の後、思ったよりあっさりと手術は終了しました。

いつものように仮歯も入って、痛みも・・・
就寝前にわずかに感じただけでよく眠れました。

さすがに、今日の治療中だけは居眠りが出来ませんでした。ちっ(怒った顔)

今年も丁寧な歯磨きなど口腔衛生管理を心がけ、

(でも、大好物の甘いものはやめられそうにありませんががく〜(落胆した顔)

歯医者にしっかり通って健康な歯を取り戻します。

【インプラントとは】続きを読む
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 23:10| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

市民救命士

間もなくあの忌まわしき災害、阪神大震災があった1月17日がやってきます。

今年は13年目。

ここ兵庫北部は震度5の揺れでしたが、ほとんど被害は無かったものの南部の神戸、淡路島などは甚大な被害がありました。

災害に関わらず、家族や友人などあなたの大切な人が急に危険な状態となった時、あなたならどうしますか?

救急車が来るのをただオロオロ待ちますか?

いえいえ、それだけでは大切な人は救えません。

そこで役立つのが市民救命士講習です。



市民救命士とは?

市民救命講習を受講し、一定の基準に達した人のことです。

人工呼吸や心臓マッサージなどの普通救命講習を1日かけて学ぶと得られる資格です。

講習内容はAEDの使用方法を含めた心肺蘇生法及び各種応急手当です。

神戸市では93年度から1世帯に1人の市民救命士を目標に養成に取り組んできました。


その場に居合わせた市民のもてる力で、救える命を守ることの大切さ・・・これは震災が私たちに再認識させてくれたことです。



AEDは誰でも使える?

AEDは、救急現場で一般の人でも、簡単に安心して除細動を行うことができるように設計された機器です。

元気だった人が心疾患、特に心筋梗塞などが原因で突然倒れたような場合には、その心臓のリズムは、心室細動と呼ばれる種類のものが多いことが知られています。

心室細動とは、心臓の筋肉が不規則にブルブルと震え、全身に血液を送り出すというポンプの役割を心臓が果たせない状態であり、そのまま放置すると死に至ります。

その心室細動と呼ばれる状態を取り除き(除細動)、心臓のリズムを正常な状態に戻すために使用するのがAEDです。

平成16年7月1日 の厚生労働省医政局長通知により、一般市民のAED使用が認められています。

あなたも心肺蘇生法を身に付け、いざという時のためにスキルアップをしませんか。

といいながら、自分自身にも言い聞かせています。

これ以外にも、救急法講習会のチャンスがあるたび、率先して受けるように心がけています。

知識だけでは身体がついてきません。

何度もエクササイズ?で身体が緊急時に対応できるように慣れておきたいものです。



続きを読む ■AEDとは
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 19:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

仕事始め

年末30日から、1月4日まで 今年は6日間も正月休みをしました。

けっして仕事は嫌いではないのですが、主婦中心の従業員のこともあるのでゆっくりしてもらいました。

暇な「事始め」かと思っていたものの、年末年始に負傷した方が待ちかねたように多数来院されました。

年末大掃除で腰を痛めた人や、狭い場所で足のゆびを突き骨折した方、雪道で転倒され手首を折った人・・・

などなど



「負傷したら直ぐ電話して下さいねexclamation×2

と常々話していたものの、接骨院玄関まで来て

「まだ開いてない」

とあきらめて帰った・・・と聞き、本当に申し分けない気持ちです。



骨折痛の辛さは経験者でなければわかりません。

特に不安や心配が痛みを増幅させます。

辛抱できるから・・・と先延ばしにしないで、まずはご相談下さい。

診察しないでも、どのように対処したらいいかの処置は出せます。

来院できない距離の方でも、

健康奉仕の健康アドバイスがほしいという方あれば

コメントかメールをいただければ私自身の携帯番号もお知らせしています。




比較的穏やかな12月でしたが、年末からの寒波によって急激な温度変化に身体がついてきません。

体力のない方が急死されることも多かったのでは無いでしょうか?

特に寒くなるときは、脳血管障害で急病にかかるリスクも高いものです。

入浴前の温度調節や水分摂取・・・起床時の水分摂取なども意識的に行いたいものです。

ビール泡の出る水はパンチ

厳禁です。40度前後の白湯が一番のおすすめです。

仕事をする前にもスポーツ同様、十分なウォーミングアップは必要かと思います。




posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 14:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

肝臓軽視は胃肝臓(イカンゾー)?

人体の器官や細胞に不要な部分はほとんどありません。

しかし、肝臓の働きは世界中のどんな知識を集めてもまねることは不可能です。

人工心臓はあっても、人工肝臓は無いわけですね!



『人生の幸せは肝臓で決まる』



という医学博士、阿部博幸先生の著書を読んだことがありますが、その通りですね!

イライラ怒ったり、食べすぎ、飲みすぎたり、働きすぎたり

いずれも肝臓には良くない行為だと考えていたところ・・・

知り合いのブログ 「ころりん〜キラキラ☆」に同じ様な記事を見つけましたよ!

キレイなブログサイトですからぜひ行って見てねわーい(嬉しい顔)

ラベル:肝臓
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 12:13| 兵庫 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ぎっくり腰や寝違いに注意しましょう!

暑かったこの夏いかがお過ごしでしたか?



なんかお腹の調子が優れない・・・

ぎっくと腰が痛みそう・・・

朝、起きてから、首が回りにくい・・・


このような症状を抱える患者さんのもっとも多いシーズンは季節の変わり目です。

まだ、肌着を着ていない方を見うけますよ。

暑くても朝夕の温度は下がっています。

さらに台風接近時など蒸し暑く汗を良くかきますね!

昼も夜も、デイリーライフにもアウトドアレジャーにも。どんなシーンも、

アズのらくちんブラシリーズで、バストをやさしく包

んで、楽々な毎日を過ごしてください。


肌着は欠かせないし、

体調改善に忘れてはいけない条件です!





posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 12:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ダイエットは医学的管理が不可欠!

今日も二人のダイエットに関するカウンセリングをしました。

ひとり目は、小学生で母親が食事指導を希望してやってこられました。

二人目は、あこがれだけで話を聞きにきました。

肥満度がマイナス10以上あったので、やめることを説得しました。


中途半端な気持ちでチャレンジしようとして、挫折していかれるのがあまりに多いダイエットです。



なぜなら多くの方が、本当の情報になかなかめぐり合えません。



生活習慣病のリスク回避にと考える人は多くても、肥満や便秘、肩こり、冷えはすでに立派な生活習慣病といえます。

食べないでやせていくのは、単なるやつれです。

本当の崩れない身体を獲得していくためには・・・崩れない確信と行動が不可欠となります。











専門医が薦めるダイエット(続きを読む)
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 15:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

夏バテ?

昨夜、次男が野球の遠征からの岐路・・・バスの中で体調不良となった。

電話連絡で数キロの地点まで迎えに行った。

側溝で両脇を抱えられ、嘔吐を繰り返している。

車酔いにしては長すぎるし、腹痛はかなり強いようだ。

胃腸風邪か、食中毒によるものかも・・・と思い自家用車で連れ帰りかかりつけの内科医に診てもらう。

「盲腸も無いし、車酔いでもなさそう。胃痙攣起こしてますよ」

とのこと。痙攣止めの座薬をもらって帰宅した。

「兄ちゃん、青リンゴみたいな顔だよ・・」

弟、よく観察しているな・・・と感心した。

今日になっても1日中吐き気が止まらず。水分以外はあまり口にしなっかった。

子どもなりに、猛暑だったこの夏。夏バテかもしれない・・・


★秋になって困っても困らないために・・・★


ラベル:夏風邪 夏バテ
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 20:39| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

暑い夏こそ、冷えに注意!

暑いと当然汗をかきます。

肌着を着ないで、素肌の上に一枚きりの人がありますが、これはあまりいい習慣とはいえません。

暑さ厳しい屋外で発汗した後、クーラーの良く効いた、店舗やオフィスに入ると直ぐに汗は乾いていきます。

このときに急速に冷やされます。

さらに冷蔵庫でギンギンに冷えた飲み物を口にすると、お腹の中からも冷やしていくというわけです。

汗をかいた後、迅速に汗を吸い取り地肌からの放熱を防いでくれる!

肌着を見直しましょう。



ラベル:冷え性
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 07:10| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

天候・気象変化に影響される心身

どんなに初対面の人であっても、気象の話題は事欠かないし、コミニュケーションツールとしても大事です。

それほどまでに、気象の変化は健康に直結しているいといえます。

「今日は暑いですねぇー」 

「今朝は、さわやかな空気です!」

「蒸し暑くて眠れなかったですね!」

などなど今の時季に良く使いますね。

いつも身体の状態をチェックしていると、どのように影響しているか気がつくようになります。

雨の前には気圧が下がりますが、人の自律神経である交感神経を過緊張させます。

それが血管を収縮させて循環を低下させることで体調不良を招きます。

「雨の前には直ぐにこの膝が教えてくれるよ・・・」

という話は良く聞きますね。

近年の異常気象が心身を狂わせているのかも・・・


健康奉仕からの「お金の健康」をゲットしたい方(サイト運営者)へお得な情報です続きを読む
ラベル:気象
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 06:08| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

薬の副作用について!

久々の投稿です。

健幸奉仕として携帯用のHPを立ち上げ、その作業に追われた?というより楽しんでいたため、すっかりご無沙汰となってしまいました。

毎日、薬の使用について質問受けます。

「こんな副作用あるけれど、飲み続けていいんでしょうか?」

「そんなにつらければ主治医に相談のうえで減らすなり、変えてもらうようにしたら・・・」

と答えるんですが、出来るだけ薬に頼りたくないのは良くわかるんですが、極端に怖がったり、びくびくしながら飲むものでもないように思います。

不眠を訴える患者さんは確かに多く、神経の疲労が蓄積されやすい時代だと再認識します。

しかし、これほど矛盾した症状もありませんね・・・睡眠導入薬に頼っている父親が、日中、テレビをみながらイビキをかいているのですから
・・・

後、便秘や冷えを訴える方も若い方から増えてきました。

薬に、すぐ頼る前にやってみたいこともありますね。

栄養改善です。

先日ある通販会社のニンニクサプリを飲んで、びっくりしました!

次の日から異様に手足が温かいんです。

1ヶ月人体実験してまた報告したいものです。
ラベル:副作用 不眠
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 07:05| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

ダイエットの難しさ!

ダイエットは短期3ヶ月から6ヶ月続けて痩せたように見えても、やつれている場合も多いものですよふらふら

その証拠に数年後にはもっと太ってしまうことがあります。

リバウンドのことはかなり周知されていますが、もとに戻ることではないのです・・・失恋

やつれた状態は、筋肉、骨、皮膚などの活性組織が不健康な状態にやせ細り、復活不能な状態へなります。つまり老化が急に進行したようなものです。

摂取カロリーを控え無理をしたら、必ず脳は節約遺伝子をフル動員して脂肪だけを蓄えてしまうからです。

「戻った!」のではなく筋力低下を起こしているわけで、ダイエットをしなかった方がよかったという場合すらありますね!

正しい痩身は正しい知識から・・・


続きを読む(医師が薦める方法exclamation
ラベル:痩身 健康
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

五十肩について?

小学生の三男と連休にキャンプ。
重いテントやテーブルを運んでから、左肩が痛い!

キャンプから帰って、翌日から痛み出したので筋肉痛かと思っていたが、どうも老化の象徴、四十肩、五十肩の疑いが濃厚。

年も四捨五入で50歳。発症してもおかしくない。
アンチエイジングのために・・・とサプリに体操、規則正しい生活を心がけていた健康おたく?にとっては少々ショック。

いつも同症状に悩む、クライアントを相手に仕事をしていて自分が発症してしまった。

「紺屋の白袴・・・」

あせっても仕方がないし気長に対処するしかない。

気分転換に ロト6でも買ってみようかなぁー

http://www.infotop.jp/click.php?aid=23956&iid=456

posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

補助食品について

現代の食生活においてほとんどの人が充分な栄養を摂っていると錯覚しているようです。
でも、残念ながら今の通常の食材ではストレス過多による活性酸素を排除してくれるような優れたものがなかなか手に入りにくくなっています。
「昔エクボが今メタボ」と笑えないほどメタボリックシンドロームは深刻な状態です。
本当に価値ある食材を手に入れることは少々高価なものであってもやむをえないように思います。
また、出来るだけ天然由来の生きたサプリをお勧めします。




posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

肩こり、腰痛、冷え、便秘は老化現象?

ブログの記事投稿はまだまだ抵抗あり、なかなか進みません。
どんな形でも伝えたいヘルシー情報あります。

誰もが肩こり、腰痛、冷えなどの不定愁に悩まされていながら、どうしても軽視されます。

しかしこれらは、血管が老化し硬化してきていることの証拠でもあり、早急に対処しなければ、一般傷病に罹患してしまうことが充分に考えられます。

そのため、予防医学の第1歩は自らの生活を、活動(運動)、休息(睡眠)、栄養(食事)の面から再認識して、改善していきたいものです。
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

健康、元気が減速する要因は!

初めての記事投稿です
 キーボードアレルギー?と言う疾病にかかっていて、なかなか始められなかったのですが、ストレスに押しつぶされそうな人々に接するうち、何とか力になれないものかと…肩こりに負けそうな入力をしています。
 ストレス過多の世の中と言われて久しいですが、実は、今の世の中、特にこの日本においては、パラダイスともいえます。読者の皆様、あなたは確実に「ついています!」なぜなら他の動物のように食べられる心配はないし、何でも食べることが出来ます。(今のところ・・・)PC、携帯端末という電子頭脳を片手にどんな情報もとり放題!さらにどんな遠方ともリアルタイムで話が出来る上、高速移動も可能にする世の中に住んでいるからです。
 
 「自分の悩みなんかストレスでは無かったのかなぁー」

と考えを改めようとしている方いませんか?いいえストレスは確かに増大しているのが現代です。
 最大のストレスは重力と気温(寒い、暑い)です。便利快適を追求してきた、昭和以降に増大してきました。これは体力が極端に低下してきたことによります。
次に見えにくいことやものを見ようとする行為です。まず暗闇を照明によって明るくすることと、TVやPCなどのディスプレイです。
 人の考えや行動に立ち入って何とかならないかと、他人をコントロールすることも、自分自身の過去や未来のはっきりしない虚像に振り回されることも「思いどうりに行かないむかっ(怒り)」と、イライラする原因になります。
 以上、更なるストレサーがあればまた記載しますが、これを解消する方法をブログに書き付けて?打ち付けて逝きたいと考えています。
いつ心臓がログアウトするかも知れませんが...。


ラベル:ストレス解消
posted by 日本初の「モールス・遁痛セラピスト」 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブックマーク
この記事は参考になりましたか? よろしければブックマークくださいね!
ブログ ランキング

ランキング参加しています!クリックご協力お願いします揺れるハート 人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
おこづかいがドンドンたまる”おトク貯金箱”ポイントボックス
■1日1回クリック募金 あなたがクリックするだけで、企業からNPOなどの慈善団体に1円が寄付されます。 (1日最大11円の募金が可能) お金なんかなくても、右手人差し指が動きさえすればワン・ツー・スリークリックで、誰かを助けることができるexclamation&question インターネットって素敵ですね。  
※注※ このバナーをクリックすることで募金が完了するわけではないのです。 もともと分かりやすいですが、念のために手順を記載しておきます。 【手順】 上記バナーのクリック ⇒左上の企業サイト一覧からどれか選んでクリック ⇒表示される募金ボタンのいずれかをクリック ⇒ 募金完了!
Micro Ad
マイクロアドでおこづかいゲット!